PowerChuteシリーズ

電源・ラック・クーリング・サービス等物理的インフラの可用性向上ソリューションをトータルに提供。

シュナイダーエレクトリックのAPC UPS管理ソフトウェアPowerchuteシリーズ

環境によって選択可能な2つのPowerchuteシリーズ

PowerChute Network Shutdown PowerChute Business Edition
OSが混在するネットワークでの一元管理が可能 ネットワーク上のUPSステータスを一元監視可能
LAN経由(NWアクセサリ製品が必要 RS232C、USB経由
中規模・大規模オフィス・データセンター向け 小規模・中規模オフィス向け

PowerChute Network Shutdown

PowerChute Network Shutdownの特徴

  • Webブラウザを使用し、ネットワークを経由して設定や個々のコンピュータシステムのシャットダウン時間を設定、及び電源イベントを表示します。UPSとの通信はネットワーク経由。従来必要であったシリアルケーブルは不要です。
  • イベントアクション 20以上

    電源やUPS関連のイベントがリストされており、イベント毎にアクションを4種類設定可能 (UPSのモデルによって設定可能なアクションが異なります)

  • 管理者によるシステムシャットダウン

    Webブラウザを介し、リモートでUPSに接続されたサーバシャットダウン、リブート可能。 Webブラウザを介し、リモートでUPSに接続されたサーバシャットダウン、リブート可能。

  • ログ作成

    電源関連イベントの際の設定したアクションを監視し、ログを作成します

  • 自動コンフリクト検出

    シャットダウン待機時間の値がUPSのバックアップ可能時間以上の値で設定されていた場合、 PowerChute Network Shutdownが自動的にそのコンフリクト(矛盾)を検出します。

  • ユーザ通知

    電源関連イベント毎に、管理者もしくは全ユーザに通知が可能。

  • コマンドファイル実行

    イベント発生毎に、 アプリケーションをシャットダウン等コマンドファイルの実行が可能。 コマンドファイル実行は任意にカスタマイズできます。 実行待機時間も設定可能で、実行待機時間中であれば、 コマンドの実行をキャンセルすることもできます。

  • マルチOS対応の管理コンソール

    OSの種類を問わずネットワーク上のUPSステータスを一元監視可能。また、IT管理者が電源およびUPSの状況を即座に把握することも可能

  • ウィザードによる一括設定

    ウィザードを使用するすることで、ネットワーク上の複数UPSに対して 電源保護方針・メッセージ通知の設定を一括で行うことによりセットアップ時間を大幅に短縮可能

  • 電源環境の常時モニタ&レポート

    個々の電源障害イベントだけでなく、常に電源環境をモニターし、 同じイベントが複数または長時間連続した場合などに、システム管理者にレポート

  • ステータスに応じた対処方法の提示

    ステータスを表示すると共に、推奨対処方法も合わせて表示。ソフトウェアに詳しい知識が無くても、対処方を即座に把握でき、トラブルシュートの時間短縮に貢献。

PowerChute Network Shutdownの新型番がリリース

旧型番の販売は終了致しました。
新型番は、対応OSごとに「Windows & Linux」、「仮想化OS」、「Specialized OS」の3種類の型番に分類され、全ての型番に1年間のアップグレードライセンスがバンドル。また、複数ライセンス型番は従来の10ライセンスから 5ライセンスに変更されています。

PowerChute Network Shutdown 製品一覧
※本標準価格は2014年6月現在の価格です。
型番 製品名 標準価格
SSPCNSWL1J PowerChute Network Shutdown 1 Node Windows & Linux 14,900
SSPCNSWL5J PowerChute Network Shutdown 5 Node Windows & Linux 59,600
SSPCNSV1J PowerChute Network Shutdown 1 Node Virtualization 59,700
SSPCNSV5J PowerChute Network Shutdown 5 Node Virtualization 238,800
SSPCNSSP1J PowerChute Network Shutdown 1 Node Specialized OS 59,700
SSPCNSSP5J PowerChute Network Shutdown 5 Node Specialized OS 238,800
※1 10ノードライセンスから、5ノードとなります。
※2 仮想化対応Linux (KVM、Xen)はWindows & Linux 型番を購入してください。
PowerChute Business Edition

PowerChute Business Editionの特徴

  • マルチOS対応の管理コンソール

    OSの種類を問わずネットワーク上のUPSステータスを一元監視可能また、IT管理者が電源およびUPSの状況を即座に把握することも可能

  • ウィザードによる一括設定

    ウィザードを使用するすることで、ネットワーク上の複数UPSに対して 電源保護方針・メッセージ通知の設定を一括で行うことによりセットアップ時間を大幅に短縮可能

  • 電源環境の常時モニタ&レポート

    個々の電源障害イベントだけでなく、常に電源環境をモニターし、 同じイベントが複数または長時間連続した場合などに、システム管理者にレポート

  • ステータスに応じた対処方法の提示

    電源およびUPSに関するステータスを表示すると共に、推奨対処方法も合わせて表示
    電源、UPS、ソフトウェアに対して詳しい知識が無くても、発生中の問題と対処方を即座に知ることが出来るため、 トラブルシュートの時間短縮に貢献

PowerChute Business Edition 製品一覧
型番 製品名 標準価格
SSPCBEWLJ PowerChute Business Edition Windows & Linux 15,700
SSPCBEW1575J Smart-UPS 500/750用 PowerChute Business Edition
Windows & Linux Licence
SUA750RMJ1UBは対象外です。
7,900
SSPCBEW1SMJ ダウンロード版 PowerChute Business Edition Deluxe for Windows 15,700
SSPCBEL1SMJ ダウンロード版 PowerChute Business Edition Deluxe for Linux,Unix 31,400
※本標準価格は2014年04月現在の価格です。
通信ケーブルについて

PowerChute Business Editionパのッケージの中には通信ケーブル(SUAシリーズ、SURTシリーズ用)とダウンロード時に必要なプロダクトシリアルナンバーが記載された書類が同梱されています。(SSPCBEW1SMJ、SSPCBEL1SMJ) ※但しSSPCBEWLJ、SSPCBEW1575Jには通信ケーブルは付属されません。(SSPCBEWLJをご使用の場合はSMTシリーズUPS(SMT500J、SMT750Jを除く)、SMXシリーズUPSに付属の通信ケーブルを使用してください。SSPCBEW1575Jをご使用の場合はSMT500J、SMT750Jに付属の通信ケーブルを使用して下さい。)

ソフトウェア アップグレード ライセンスについて

PowerChute Business Edition(SSPCBEWLJ、SSPCBEW1575J)及びPower Chute Network Shutdownはアップグレードライセンスがバンドルされています。アップグレードライセンスは、新しいバージョンがリリースされた際、期間中(ご購入から1年間)追加費用なしでアップグレードができるライセンスです。アップグレードライセンスの延長はできません。

アンペール 5つのポイント

品質第一
UPS検査センターを設け、高品質な製品を出荷しております。
豊富な在庫
豊富な在庫を持ち、当日出荷など、短納期での納品が可能です。
販売実績
大手企業様・官公庁様から個人ユーザ様に至るまで、10年以上の販売実績を有します。
サポート/サービス
出荷製品にはアンペール保証シールを添付し、保証期間内の障害には代替機を送料無料で即出荷します。また、実績に基づくサポート力でUPSの導入・運用をサポートします。
APC社認定。万全な保守体制
アンペールはAPC社認定の独自保守体制をもった唯一の1次販売代理店です。 全国各地(離島等除く)に万全の保守体制を整えています。 24時間365日対応や9-20時の独自サービスもご提供が可能です。