Smart-UPS保守パック

障害でも「安」心!「安」価なコストの「アン」ペール自営保守!

メーカに認定されたアンペール独自保守サービス付きUPSで安心の運用を支援いたします。

標準のオンサイトサービス時間帯を9時から20時に拡張

代替え交換先出、再交換不要、バッテリ劣化にも対応

シュナイダーエレクトリック社との認定自営保守サービス契約締結により、アンペールは製品と自営保守サービスを提供可能な代理店です。
メーカ認定の安心保守付きUPSをリーズナブルな独自価格設定でご提供いたします。
もちろんメーカ純正の保守サービス、保守付きモデルの提供も可能ですので、お客様の環境、条件に沿ったよりよいサービスの選択肢が広がります。

独自の自営保守付UPSサービス内容

シュナイダーエレクトリック認定 アンペールのUPS保守サービス

アンペール 年間保守サービスUPS Hシリーズ

  • 障害が発生した際は、作業員が訪問しUPSを交換する
    サービスをUPSとセットにした安心のお奨め製品
  • 故障時に都度ご依頼頂くサービスよりコストメリットがあり、
    バッテリの劣化・本体故障に対応

アンペール 年間保守サービス付きUPS Sシリーズ

  • 標準保証を延長しUPSに障害が発生した際、交換機をお届けするサービスをUPSとセットにした製品
  • 故障時に都度ご依頼頂くサービスよりコストメリットがあり、バッテリの劣化・本体故障に対応
  • サービス既定内対応は追加費用が発生しません。コストを抑え追加費用を発生させず運用することが可能

メーカ認定される自営保守サービスが提供できる背景

1993年からの継続した販売実績
アンペールがシュナイダーエレクトリック社(旧APC)との販売店契約を締結し最初にUPSの扱いを開始したのは1993年。日本法人設立以 前から継続し累計販売数は数十万台。
アンペールのサポート品質
早い段階で開始されたサーバーメーカ様へのUPS納入には高品質の製品とサポート体制が必要でした。アンペールは品質維持・向上のため自社UPS技術サポート・検査センター・コールセンターを独自に設置。
(写真は茨城県笠間市のアンペールUPS検査センター)

シュナイダーエレクトリックの純正保証サービスももちろん対応可能

シュナイダーエレクトリック純正保守サービスにも対応可能。
シュナイダーエレクトリック社が提供する純正保守サービスの取り扱いも可能ですのでお客様要望に沿った提案することが可能です。

保守サービスのことならアンペールにお任せ下さい。