ペルチェ、真空計、LSI制御等、開発製品をご提供

特長と選定基準

コアLSIの特長

※PPMCシリーズはRoHS指令に準拠しています。型番の末尾が[G]のPPMCシリーズはRoHS指令に適合した製品です。
PPMC-104BFPG, 2104AFPG
  • PPMC-101C、102A、103A/AFPとソフトウェア上位互換
  • 相励磁信号を制御
  • PPMC-2104AFPGは2軸版ソフトウェア・セミ互換
  • 実装スペースを大幅に削減可能
PPMC-111CG/CFPG, 2111BFPG
  • 直線、S字、自由曲線加減速が可能
  • PPMC-111CGは64ピンSDIP、PPMC-111CFPGは64ピンQEP
  • 動作中の速度変更やステータス読出しが可能
  • PPMC-2111BFPGは2軸版ソフトウェア・セミ互換
PPMC-112CFPG
  • パラレル・モードとシリアル・モードを選択可能
  • 最高速度250kpps
  • シリアル・モードにより、省配線、ノイズの問題を根本的に解決
PPMC-312AFPG
  • パラレル・モードとシリアル・モードを選択可能
  • 8個のコマンド・バッファにより、8パターンのオーバーライド動作が可能
  • 起動時速度、停止時速度、加速パルス数、減速パルス数を別々に設定可能(パラレル・モード)
  • イベント入力信号2本×イベント・バッファ4個により、外部からの入力事象に応じて登録された命令を実行可能
  • 動作命令発行の度に、最高速度を指定可能
  • 2MppSまでの高速制御が可能

コアLSIの選定の基準

選定の目安:加減速カーブ
形 式 加減速カーブ 相励磁制御信号
加減速別々 自由曲線 S字 直線
PPMC-104BFPG
PPMC-111CG/CFPG
PPMC-112CFPG
PPMC-312AFPG
PPMC-2104AFPG
PPMC-2111BFPG
選定の目安:ホスト・インタフェース
形 式 ホスト・インタフェース
8ビット・データバス接続 シリアル通信
PPMC-104BFPG
PPMC-111CG/CFPG
PPMC-112CFPG
PPMC-312AFPG
PPMC-2104AFPG
PPMC-2111BFPG