独自のデジタル音声多重伝送技術SALT(Smart Audio Link Technology)を採用した、マイク一体型高音質デジタル音声会議システムです。

参加者ユニットを簡易同時通訳ユニットに切り替えて使用できる機能/会議前の診断機能/リピート機能など、アンペールならではの機能を搭載しています。議長ユニット/参加者ユニットには安定感があり親しみ易いラウンドカットデザインを採用し、すっきりと上質な会議スペースを演出します。また、ユニット本体の赤いLED ラインで、発言される方もマイクのON/OFF を簡単に確認することができます。マイクの動作を4種類のモードから選択することで様々な会議に対応し、また音声と電源をLANケーブルで一緒に送り簡単な設置を実現しています。

会議システムADSの特長

  1. 高音質(サンプリング周波数44.1kHz, 16bit PCM)
  2. 同時通訳は15言語まで対応可能
  3. 参加者ユニットを簡易通訳者ユニットとして使用可能で、15 チャンネルまでの同時通訳システムとしてもご活用いただけます
  4. システム使用前にチェックできる診断機能を搭載
  5. 聞き逃した部分を5 秒前から聞きなおせるリピート機能搭載
  6. カテゴリ5 以上(LAN)ケーブル接続で音声伝送と電源供給をおこないます
  7. 合計400 台までの議長ユニット及び参加者ユニットが接続可能(端末数拡張電源ユニット使用の場合)
  8. コントロールユニットにライン入出力・マイク入力搭載

同時通訳対応機能

参加者ユニット背面ディップスイッチの切り替えによって、同時通訳者用簡易ユニットとして使用できます。

診断機能

  • 電源容量チェック(自動)
  • 各ポート毎に、電源容量が不足していないかチェックします。(最大接続台数より多い場合など)

  • 音声機能チェック(自動)
  • 各議長/参加者ユニットのスピーカから出した音をマイクで拾えるかをチェックします。(1台ずつ順にチェックします。)

  • キー入力チェック(手動)
  • 各議長/参加者ユニットのボタンを押すと対応したコードがLEDに表示されます。

ビデオ会議対応 (ADS800)

AD800を通訳者がいる拠点に設置することで、2言語ビデオ会議に対応。

同時通訳の音声をスムーズに切り替えることが出来ます。

議長、参加者のマイクユニットADS

ADSの議長、参加者のマイクユニットの相違は、Priorityボタンの有無のみ。

操作が容易なので、初めての議長、参加者も、インターフェイスを意識せず、会議に集中する事が出来ます。マイク部分は、方向や角度を簡単に変えることが出来ます。

コントロールユニット

コントロールユニットは、会議の進行によって、4つの設定モードから選択が可能です。

外部出力、外部入力、マイクの音量を調整します。

コントロールユニット1台で、会議ユニット(マイクシステム)を最大80台まで接続が可能です。

会議システム構成