LAN –RS-232C変換装置( Ethernet –Serial Converter )

概要

LAN(Ethernet)に接続される1台のモジュールから4ポートのRS-232C通信が可能です。現状シリアル通信(RS-232C等)しか有しない機器などを同時に4台までLANに接続することが可能です。

 

特長

・シリアル通信をTCP/IP通信に、TCP/IP通信をシリアル通信に自動的に変換します。Tera Termなどのターミナルソフトウェアで接続することで通信することができます。
・IPアドレスとポート番号でそれぞれの独立したシリアル(COM)ポートに接続できますので、1台のPCから同時に4台の機器と通信及び制御することが可能です。
・IPアドレス、ポート番号、シリアル通信の設定はテキストファイルを使用して簡単に設定変更できます。

 

仕様

■LAN-シリアルコンバータ(AS-LSC)

項目 説明
電源 DC24V/1A
通信I/F RJ-45(LAN), B03B-ZESK-1D(RS-232C)
制御I/F USB2.0 (USB Flashメモリ専用)
サイズ 60[mm] x 90[mm]
価格 35,000円(税別)
オプション
・ACアダプター及び電源供給用ケーブル
・DSUB9変換ケーブル(RS-232C)
・その他ご要望に応じて承ります。

 

使用例

・現在RS-232Cで制御しているソフトウェアをそのままLAN経由で遠隔地から制御(仮想COMは現在準備中)

・RS-232Cしか有しない機器をIoT化して、遠隔地からサポートやデータ収集を行います。

 

カスタマイズ

ご要望に合わせたカスタマイズを承ります。
機能試作を素早く立ち上げるプロトタイプ開発用の標準モジュールも用意しておりますので、試作設計から製造までのワンストップでの製品開発も承ります。

 

設定ファイル(setup.ini)

LSC用設定ファイル

FAT16/32でフォーマット済みのUSBメモリに上記ファイルを解凍してできたsetup.iniを書き込んで使用してください。

NTFS/exFATは認識しません。

 

取扱説明書

取扱説明書(PDF)