マルチホーミング 特長

iSurfJanus は、コストパフォーマンスの高いベストエフォート型回線サービスを『安心して導入する』ために信頼性の向上を提供するソリューションです。

i-surf janusの特長

マルチホーミング

複数のインターネットアクセス回線を束ね、利用帯域幅を有効活用。また異なるプロバイダーを利用した複数回線経路により耐障害性も確保。コストパフォーマンスの高いベストエフォート型回線サービスを最大限効率よく運用できます。

■インターネットの利用者(インバウンド)
常に公開されているサーバーにアクセスできます。 物理的にどの回線を使っているかを、意識することはありません。

■社員など(アウトバウンド)
こちらも物理的にどの回線を使っているかを意識することなく、インターネットにアクセスする事ができます。

センターと複数拠点間のVPN接続を二重化

iSurfJanusを使用すればセンターと複数拠点間のVPN接続を二重化する事が可能です。IP-VPN、FR、広域LANのバックアップルートとしてインターネットVPNを利用する事で耐障害性に強いネットワークを構築する事ができます。

ロードバランシング (アウトバウンド)

■ラウンドロビン 順番に割り振け
(Round Robin)
■重み付けラウンドロビン
(Weighted Round Robin)
■帯域使用率の均等化によるロードバランス
(Equalized)
■帯域使用率の閾値によるロードバランス
(Threshold)

ロードバランシング (インバウンド)

■DNS問合せごとにラウンドロビン
(DNS Round Robin)
■DNSに設定した順序でロードバランス  
(Order DNS)
■帯域使用率の閾値によるロードバランス
(Threshold)

トランスペアレントモード

既存の構成、アドレス設定を変更せずに導入が可能です。

 

HA(ハイアベイラビリティ)

機種により、2つの高可用性(ハイアベイラビリティ)機能を提供します。
モデル名
■iSurfJanusTX,iSurfJanusRX3,iSurfJanusDX
Main-BackUP構成:VRRPによる機器の二重化
モデル名
■iSurfJanusRX3-BP
InBox Bypassによる停電、機器障害時の対応電源OFF時でLAN  ポートと特定のWANポートがバイパス接続されます。

 

その他の機能・特長

バックアップ・モード
WANがダウンした場合には他方のWANに瞬時に切り替えます。
*バックアップ・モード時、ロードバランス機能は働きません。

NAT機能
次の3種類のNAT機能を内蔵しています。 Many-to-One(NAPT/IPマスカレード) ・ One-to-One ・ Port Forward ・ Many-to-Many

ルートコントロール機能
パケットを宛先IPアドレス、送信元IPアドレス、アプリケーション(ポートID)の組み合わせで、きめ細かくルーティングさせます。

リンクガード機能
ファーエンドの相手先サーバ、ルータなどのヘルスチェックを行い、適切なルートを選択します。

ステートフル・ファイアウオール
インバウンド、アウトバウンドのトラフィックに対するファイアウォール機能と、特定セッションに対するフィルター機能を装備しています。

ウェブベースで設定とレポートティング
ブラウザインターフェイスで設定、接続状況をグラフィカルにモニタリングが可能です。 インターフェイスはパスワード保護されており、管理者権限の設定も可能です。

SNMP 管理とイベント・ログ
組み込まれたSNMP エージェントは、SNMPマネージャを 利用する管理者に、アラート・プラットフォームと共通管理の機能を提供します。バックアップ・リンクの起動など重大なイベントが発生した場合は、内部のイベント・ログあるいは外部のシスログ・サーバに記録します。