統合メールセキュリティ Terrace Mail Security

迷惑メール無害化など標的型攻撃メール対策
上長承認、送信遅延などミスの予防措置
迷惑メール遮断、ウイルスメール遮断など充実した基本機能

アプライアンスまたは仮想イメージ(ソフトウェア)での提供

近年、増え続ける標的型攻撃によるウイルス感染は、経路の多くがメールからの感染となっており、メールゲートウェイでの入口対策が重要な対策ポイントとなります。

総務省から示されている自治体向けの「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」報告書では、メールからの感染を防ぐために、メールシステムとの無害化通信が対策として挙げられていますが、メールの添付ファイル削除、HTMLメールのテキスト化、本文内のURLリンクの無効化は、これを実現するものです。

メール無害化例

マイナンバーを本文や添付ファイルに含むメール送信保留、および、ユーザーごとに利用有無を設定できる上長承認機能と一時保留機能は、個人情報等を扱う従業者のメール誤送信による、内部情報の意図しない漏洩を未然に防ぐものです。

上長承認機能

履歴学習型のフィルタによる標的型攻撃メールの遮断機能(APT専用フィルタ)は、最終転送メールサーバー、送信元メールサーバー、メールクライアント、送信端末、経由した国や地域を、過去の履歴と比較し、差出人のなりすましを警告します。添付されたオフィスファイルのプレビュー機能、拡張子偽装を警告する機能などと共に、より注意して開くべきメールをユーザーに気づかせます。

日本語の簡潔なダッッシュボード